時とはなにか: 暦の起源から相対論的“時”まで

Front Cover
講談社, 2008 - 230 pages
人々の生活の基本にあり、日常を区切り律する「時」。その成り立ちや仕組みはあまり知られていない。幾多の不備があっても習慣として使けられる暦がある一方、高い精度が求められ原子単位となっていく「時」もある。一体「時」はどのように決められているのか。先人たちが苦労を重ね定めてきた歴史とともに、現代的な観点も含めて、「時」の専門家が壮大なテーマを易しく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information