国家と移民: 外国人労働者と日本の未来

Front Cover
集英社, 2020 - 254 pages
「移民社会」はすでに始まっています。少子高齢化が進む日本。「次の社会」の持続可能性は、外国人労働者の活躍、存在なしには考えられません。二〇一九年四月、入管法の改定で、在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れが政策的にも始まりました。しかし、日本は受け入れに見合った社会になっているでしょうか?現実には技能実習生が、「時給三〇〇円」に象徴される奴隷労働構造の中で働いたり、ヘイトスピーチ等の人権問題が山積しています。外国人労働者と共生する社会、移民社会に必要な条件とは?アメリカ国務省から「人身売買と闘うヒーロー」として表彰された外国人労働者問題のスペシャリストがデータとエピソードで明快に解説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information