バルカン史と歴史教育: 「地域史」とアイデンティティの再構築

Front Cover
柴宜弘
明石書店, 2008 - 397 pages
本書は2003、2005年に東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)、科学研究費補助金、国際交流基金の援助を得て開催されたシンポジウム「『バルカン』―ヨーロッパを考える一つの視座」「地域史の可能性を求めて―バルカンと東アジアの歴史教科書から」の記録をもとに構成したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information