チュウセイシャカイトゲンダイ

Front Cover
山川出版社, 2004 - Japan - 103 pages
中世は、疫病や飢饉、戦乱があいついだ時代だったが、中世人は神仏に祈りをこめつつ、力を蓄え、力を結集して、列島の各地に地域社会を形成してきた。また中世は意外なほどに国際化された社会でもあった。本書では、このような中世という時代を、足元の道にはじまって、政治権力や信仰、民衆世界、地域の社会文化などから探り、現代社会を考える手掛りを求めてみた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information