21世紀言語学研究: 鈴木康之教授古希記念論集

Front Cover
04記念行事委員会
白帝社, 2004 - Japanese language - 571 pages
言語学の研究者・鈴木康之氏の業績は、連語論研究と、日本の学校文法を批判した上での新しい文語文法の構築である。本書は、鈴木氏の教え子たちによる論集である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information