子どもが育つ条件: 家族心理学から考える

Front Cover
岩波書店, 2008 - Parent and child - 228 pages
自己肯定感の低下、コミュニケーション不全の高まりなど、子どもの「育ち」をめぐって、様々な“異変”が起きている。一方、子育てのストレスから、虐待や育児放棄に走る親も目立つ。こうした問題の要因を、家族関係の変化や、親と子の心理の変化に注目して読み解き、親と子ども双方が育ちあえる社会の有り様を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information