東南アジアの森に何が起こっているか: 熱帯雨林とモンスーン林からの報告

Front Cover
秋道智彌, 市川昌広
人文書院, 2008 - 282 pages
地球規模の環境問題である熱帯・亜熱帯林の劣化・減少にたいし私たちはどう対処すればよいのか。本書では、気候帯のちがう島嶼部のボルネオ島と大陸部のラオス、中国の事例を取りあげ、大胆な二地域間の比較を試みる。異なる条件にある森林と森をめぐる人びとの営みを森林史的・政治生態学的に分析し、地域を超えた解決の糸口をさぐる。森を通じて世界との関わりを考える森林研究の新しい地平へ向けて。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information