町を住みこなす: 超高齢社会の居場所づくり

Front Cover
岩波書店, 2017 - Older people - 241 pages
人口減少社会における居住は、個人にも、地域にも、社会にも今や大問題。人びとが住まいに求めるものは、プライバシーであったり、近所づきあいだったり、長い人生のステージに合わせて、さまざまに変遷していくことに注目。懐の深い、居場所づくりのユニークな事例を多数紹介し、これからの住まいのあり方を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information