怪談: 不思議なことの物語と研究

Front Cover
岩波書店, 1965 - Ghost stories, Japanese - 205 pages
日本を終生愛してやまなかったハーン(一八五〇‐一九〇四)が我が国古来の文献や民間伝承に取材して創作した短篇集。有名な「耳なし芳一のはなし」など、奇怪な話の中に寂しい美しさを湛えた作品は単なる怪奇小説の域をこえて、人間性に対する深い洞察に満ちている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information