悪について

Front Cover
岩波書店, 2005 - Ethics, Modern - 216 pages
残虐な事件が起こるたび、その“悪”をめぐる評論が喧しい。しかし、“悪”を指弾する人々自身は、“悪”とはまったく無縁なのだろうか。そもそも人間にとって“悪”とは何なのか。人間の欲望をとことん見据え、この問題に取り組んだのがカントだった。本書では、さまざまな文学作品や宗教書の事例を引きつつ、カント倫理学を“悪”の側面から読み解く。

What people are saying - Write a review

Review: 悪について (岩波新書)

User Review  - rcn - Booklog

08048 Read full review

Review: 悪について (岩波新書)

User Review  - yanaok - Booklog

¥105 Read full review

Bibliographic information