脱原発を決めたドイツの挑戦: 再生可能エネルギー大国への道

Front Cover
角川マガジンズ, Jul 25, 2012 - 238 pages
福島第一原発事故から4カ月足らずの2011年6月30日、ドイツは原子力発電所の完全廃炉を決めた。同国は、2050年までに再生可能エネルギーの発電比率を80%にするため、国を挙げて動き出した。脱原発だけでなく、脱化石燃料への挑戦である。なぜドイツはそれが可能なのか。日本の電力事情と比較しながら、脱原発に至る40年の歴史、電力完全自由化までの障壁、産業界の反応、国民の覚悟など、再生可能エネルギー大国へ突き進むドイツ・エネルギー政策の現状をレポートする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information