がんなどの身体疾患が誘発するうつ病の早期発見と心のケア: 各診療科で“合併症”としての「うつ病」を見落とさないためのポイント

Front Cover
医学芸術社, 2003 - 110 pages
身体疾患を有する患者で、うつ病を併発しているケースは10~30%と高頻度であるという。このうつ病を放置しておくと、身体疾患のほうの病状を悪化させたり、回復を遅らせることにもなる。精神科の専門家以外の医師や看護師なども、身体疾患とうつ病の関係をよく理解し、早期に発見して対応することが大切なのだ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information