分業と競争: 競争優位のアウトソーシング・マネジメント

Front Cover
有斐閣, 2003 - 291 pages
企業は競争優位の実現に向けて他社との分業をどのように営んでいけばよいのか。本書はこのことについて考えるものである。本書では、日本の自動車産業を題材として取り上げて、自動車メーカーによる部品メーカーへの製品開発のアウトソーシング(新車用部品の設計開発の委託)の実例を分析することで、競争優位を実現し、さらにはイノベーションを追求していくためのアウトソーシング・マネジメントのあり方を探った。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information