理工学のための電磁気学入門

Front Cover
培風館, 1999 - 182 pages
本書は、大学理工系の学生にとって必要な電磁気学の基礎を解説した入門書である。自然界の電磁気現象、電荷と電場の話から始まり、マクスウェル方程式の導出と簡単な応用まで、らせん階段を登るがごとく構成されている。楽しく学べるようにできるだけ具体的問題を取り上げて解説し、また理解を深めるために例題と演習問題を数多く取り入れ、それぞれに詳しい解答を付け、自学自習もできるように配慮されている。特に、ベクトル解析を使っての説明は必要最小限にするなど、初学者にも無理なく学べるように工夫されている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information