古生物の形態と解析

Front Cover
棚部一成, 森啓
朝倉書店, Nov 30, 1999 - 220 pages
「古生物の形態とその解析」というテーマで、古生物や現生生物の形態の見方や考え方を、比較解剖学、発生学、形態計測学、形態形成論、構成形態学、理論形態学、バイオメカニクス、および形態認識論の視点から概説するとともに、今後の課題を考察する。いずれの章も、これまでの研究の単なる紹介に留まらず、当該分野の研究の現状と今後の課題がクリティカルにレビューされていて、ユニークな内容になっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information