Front Cover
ポプラ社, 2010 - 181 pages
アフリカに送り込まれた貿易会社の二人の社員。出世を夢見て交易所に寝泊りを続けるが...。辺境で「文明」を担った男たちが圧倒的な不安に崩れ落ちていく様を描いた『進歩の前哨基地』(コンラッド)。フィリピンの戦線を舞台に、戦友の心を歪めていく組織悪の根源にせまった大岡昇平の『暗号手』。残虐な欲望に身をゆだね、取り返しのつかない過ちを犯した男が清らかな愛をとりもどすまでの感動の物語(フロベール『聖ジュリアン伝』)。極限に浮かび上がる人間の裸像。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information