技術屋(エンジニア)の心眼

Front Cover
平凡社, 2009 - 331 pages
目で見、匂いを嗅ぎ、触り、持ち上げ、落とす...私たちは肉体的感覚の相互作用を通して物を知る。その経験の元締めが心眼(マインズ・アイ)であり、思い起こされた現実と思い描く工夫のイメージの座、信じられないほどの能力をもつ不思議な器官である。科学と技術の歴史のなかにその働きをたどり、現場軽視と数式・計算偏重の現状に警鐘を鳴らし、モノヅクリの根本について再考を促す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information