基礎情報学: 情報化社会への道しるべ

Front Cover
田崎茂
共立出版, 2000 - 171 pages
問題の位置付けや問題の発見と解決にいたるプロセスおよび結果に関する情報は、関係する人々と共有しなければなりません。そのためには自分が考えたことや、解決にいたったプロセス、結果の意義・評価などを他の人々に正確に伝えなければなりません。自分の考えや修得したノウハウを正しく表現する能力・プレゼンテーションの能力もきわめて重要なものなのです。本書の重要な柱の1つはこのような能力の育成です。問題の発見・解決のプロセスにおいて、電子メールで仲間と交信したり、ホームページで必要な情報を収集したり、インターネットは必要不可欠な情報源になっています。しかしながらネットワーク社会で生きていく上で、情報の洪水に押し流されることがないように、そして気がついたら情報社会の迷惑者だったということがないように、ネットワーク社会の構造を知り、適切な情報を選び能力を養うことと、適切な情報を適切に発信することも極めて重要なことなのです。本書のもう1つの重要な柱がこのような、ネットワーク社会の一員となるための知識・モラル・情報選択能力の育成です。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information