行為障害: キレる子の診断と治療・指導・処遇

Front Cover
金子書房, May 20, 2002 - 98 pages
本書は、米国で主に使われているDSM‐IV診断基準で、「行為障害」と診断された子どもたちに対して行われている治療技法を紹介したものです。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information