東風西雅抄

Front Cover
岩波書店, 2001 - China - 280 pages
「東風西雅」は、東西お国振りあるいは東西四方山ばなしの意味をもつ。昭和11年フランス航路での横光利一との出会いにはじまり、桑原隲蔵、内藤湖南、矢野仁一氏らの印象、東西交渉史にまつわる書物談義、中国文化大革命や中東危機への直言など古今東西に亘る深い学識に裏うちされた歴史エッセイ集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information