鬼人幻燈抄大正編紫陽花の日々

Front Cover
双葉社, 2021 - 240 pages
大正十一年(1922年)、四代目・秋津染吾郎は京都からはるばる東京へとやって来ていた。目的は、退魔の名跡・南雲家主催のパーティーに参加するため。南雲は秋津と同じく鬼を討つことを生業にしてきた一族だが、大正の世に入りきな臭い動きを見せていた。帝都・東京を舞台に、暗躍する鬼たちと人々の戦いを描く大正編が開幕! 大人気和風ファンタジーシリーズ第八巻。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information