イラン国民経済のダイナミズム

Front Cover
原隆一, 岩崎葉子
アジア経済研究所, 2000 - Industrialization - 238 pages
これまで、イランという国のアイデンティティーを探ろうとする試みは、さまざまな角度から行われている。現在のイラン国境線内に相当する広大な地域が共有する歴史的記憶や、政治イデオロギーの潮流、言語の連なり、文化、宗教などを手がかりに、イランという国をとらえ直そうとするものである。本書は、イランに特定の一体性を与えているものが何か、という問いに対するひとつの答えを提示するために、国民経済の制度的現実に注目するものである。イランを現存のイランたらしめているひとつの装置としての国民経済を具体的に抽出することによって、かかる一体性の根源は何かを考えようとするものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information