生殖医療: 試験管ベビーから卵子提供・クローン技術まで

Front Cover
名古屋大学出版会, May 1, 2001 - Artificial insemination - 5 pages
1978年の体外受精児誕生に始まる生殖医学はめざましく進歩したが、技術的・社会的・倫理的に数多くの将来的な問題を内包している。本書は不妊症専門医の著者が、不妊治療としての生殖医療の経緯、現況、新技術とその問題点をわかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information