量子力学と最適制御理論: 確率量子化と確率変分学への誘い

Front Cover
海鳴社, 2007 - 230 pages
本書は制御理論との関連の中で、力学から量子力学への道筋を、根底から具体的に組み立てなおしたもので、これまでのどの教科書とも異質なユニークなものとなった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information