カント第三批判と反省的主観性: 美学と目的論の体系的統一のために

Front Cover
京都大学学術出版会, 2001 - 207 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
第三批判は美学と目的論という異質と思える二部門からなるが、従来の研究は、ヘーゲルのような美学的解釈と、シェリングのような目的論的解釈に二極分裂する傾向が顕著であった。本書は、両部門の整合的統一を目指して、独自の体系的解釈を試みる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information