中国近代化の開拓者・盛宣懐と日本

Front Cover
中央公論事業出版, 2008 - Industrialists - 414 pages
清朝末期の高官・盛宣懐は、汽船、電報、鉱山、製鉄、鉄道、紡績、銀行から大学に至る近代産業の基礎的事業の創設者・経営者として、また対外交渉の責任者として、中国近代化に多大の足跡を残した。なかでも製鉄所と鉄山、炭鉱を一体化した漢冶萍公司は、折しも創設された八幡製鉄所の鉄鉱石とコークスの供給元となり、盛宣懐は日本の政・官・財界の実力者と深い交流があった。初公開の貴重資料「東遊日記」「東京友人来函」には、日中両国の当事者が互いを尊重し手を携えて近代化に邁進する姿が生き生きと記されている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information