エネルギー経済とエコロジー

Front Cover
晃洋書房, 2006 - Ecology - 236 pages
気鋭の環境経済学者が、エネルギー問題を経済学、環境史の問題として、そして生活の視点から捉えなおす。鶴見和子(社会学)、宇沢弘文(経済学)両氏との対談を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information