明治天皇の大日本帝国

Front Cover
講談社, Jul 28, 2011 - Emperors - 390 pages
幕末の混乱の中で皇位に就いた一六歳の少年は、いかにして「建国の父祖」の一員へと成長したか。京都を離れて江戸城跡に新宮殿を構え、近代憲法にその存在を規定された天皇の政治への意思とは。神道の主宰者にして「欧化」の象徴であり、巡幸と御真影でその姿を見せ続け、国民国家の形成とともに「万国対峙」を追求した「我らの大帝」の時代を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information