正しく理解する気候の科学: 論争の原点にたち帰る

Front Cover
技術評論社, Feb 1, 2013 - 207 pages
近年問題となっている地球温暖化という気候変化現象は、地球という大きく、さまざまな構成要素から成り立つものと関わるため、その複雑な本質を理解することは、決してたやすくない。本書は、視点を一度、全地球史が見えるまで拡げたうえで、温暖化の問題がその中でどのように位置づけられるか、どのメカニズムが同じで、どれが違うかについて、明確なイメージを提供する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information