中世近世日本語の語彙と語法: キリシタン資料を中心として

Front Cover
和泉書院, 2016 - Aesop's fables - 357 pages
天草版『エソポのハプラス』・古活字本『伊曽保物語』・天草版『平家物語』とこれらに関係の深い文献を利用し、計量的な手法と視点を取り入れて、日本語の変遷の中での語彙の傾向や、近世における疑問表現の変遷を追究するなど、中世近世日本語の語彙と語法を明らかにしようとする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information