「国語の時間」と対話する: 教室から考える

Front Cover
青土社, 2021 - Japanese language - 266 pages
国語は「対話する」時間である。教科書と生徒で。生徒同士で。先生と生徒で。教室でともに読むことは、一方通行の学びをも解体する可能性を秘めている。しかし現場の営為は見落とされ、「実用性」重視の改革に舵を取ろうとしている。新学習指導要領、教科書、そして教室での実践を読み解き、改革の矛盾と国語科教育を問い直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information