幻想文学論序説

Front Cover
東京創元社, 1999 - 288 pages
それまで曖昧だった幻想文学の定義づけに対し、トドロフは、テクスト内で語られる奇怪な出来事について、合理的な説明をとるべきか、超自然的な説明をとるべきか、読者に、たえず「ためらい」を強要することこそが、幻想文学の構造的特性であるとした。ポトツキ、ポー、ホフマン、カー等々を俎上に載せる、構造主義的文学研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information