数学ガール

Front Cover
ソフトバンククリエイティブ, Jun 26, 2007 - Mathematics - 344 pages
心ときめく数学の世界をあなたに。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

『プログラマの数学』の結城浩が贈る、魅惑の数学物語。美少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、それに僕。三人の高校生が数学にチャレンジ。数学を楽しみ、学ぶことについて考え、異性へほのかな思いに心を動かす……。オイラー生誕300年記念出版。

2002年から結城浩のWebで公開されてきた「数学ガール」。読者からの熱いエールが本書の企画を動かしました。本書は、三人の高校生が数学の問題に挑戦する物語。題材は「素数」「絶対値」という基本的なものから「フィボナッチ数列」「二項定理」、「無限級数」や「テイラー展開」、「母関数」まで多岐にわたっています。
読み物形式でありながら、取り扱う数学的内容は本格的。数学クイズが好きな一般の方から、理系の大学生、社会人まで幅広い読者に楽しんでもらえる数学物語です。数式が苦手でも大丈夫。登場する高校生自身も数式で悩み、ああでもない、こうでもないと読者と思いを共有します。数式が追えなくても「旅の地図」と称した概念図で読者さんの理解を助けます。
《数学は、時を越える》をテーマにおいた本書は、本格的な数学の奥深いおもしろみをすべての読者に提供するでしょう。

◆登場人物紹介

「僕」
 高校二年生、語り手。
 数学、特に数式が好き。

テトラちゃん
 高校一年生、いつも張り切っている《元気少女》。
 ショートカットで、大きな目がチャームポイント。

ミルカさん
 高校二年生、数学が得意な《饒舌才媛》。
 長い黒髪にメタルフレームの眼鏡。

瑞谷女史
 「僕」の高校に勤務する司書の先生。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2007)

●著者紹介
結城浩(ゆうき ひろし)
プログラム書きと文章書きが、趣味&仕事。バッハのフーガが大好きな、プロテスタントのクリスチャン。主な著書に、『数学ガール』『数学ガール/フェルマーの最終定理』『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』『数学ガール/乱択アルゴリズム』『数学ガール/ガロア理論』、『プログラマの数学』『新版暗号技術入門 ―― 秘密の国のアリス』『新版Perl言語プログラミングレッスン入門編』『増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門』などがある。  http://www.hyuki.com/

Bibliographic information