電気革命: モールス、ファラデー、チューリング

Front Cover
新潮社, 2016 - 373 pages
同じ電信技術を追求しながら特許のために人生の明暗が分かれたモールスとヘンリー。聴覚障害者の恋人への愛から電話を発明したベル。宇宙は神の存在で満たされていると信じつつ力場を発見したファラデー。愛した上級生の死の喪失感をバネにコンピュータを発明したチューリング。電気と電子の研究の裏側には劇的すぎる数多の人間ドラマがあった!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information