遠い面影: はぐれ長屋の用心棒 49

Front Cover
双葉社, 2020 - 264 pages
馴染みの飲み屋、亀楽からの帰路、華町源九郎はならず者に追われていた娘を助ける。おゆきという名のその娘は、柳橋を根城にするヤクザの親分・権蔵から、若女将を務める小料理屋を狙われ、自らも情婦にされんとしているのだった。おゆきの持つ眼差しに亡き妻の面影を見た源九郎は、長屋の仲間たちとともに権蔵の手から彼女を守ることを決意する。大人気時代小説シリーズ、待望の第四十九弾!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information