少子高齢社会のライフスタイルと住宅: 持家資産の福祉的選択

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2004 - Home ownership - 304 pages
少子高齢化によるライフスタイルの変容が顕著な日本では、とりわけシニア層の「住み替え」率が高まる方向にある。そこで著者は、居住用資産である持家を原資としたリバースモーゲージ制度の普及を目指し、その先駆的なアメリカと日本両国の住宅市場を中心に調査・検討を行なっている。本書では、主に日本の戸建住宅(持家)の資産価値の安定性・継続性や市場循環性について論及するとともに、住宅市場や金融証券市場、そして税法や建設関連法などの視角から学際的に検討している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information