桜の実の熟する時

Front Cover
岩波書店, 2018 - 285 pages
「思わず彼は拾い上げた桜の実を嗅いでみて、おとぎ話の情調を味わった。それを若い日の幸福のしるしというふうに想像してみた」―。藤村(1872‐1943)の文学への情熱、教え子へのかなわぬ恋を投影した青春の自画像。同じく自伝的小説である『春』『新生』の、少年期から青年期を描く。改版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information