新築がお好きですか?: 日本における住宅と政治

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2018 - Housing policy - 266 pages
家族を持つようになれば住宅を買う、そのような「持家社会」は、日本においてなぜ形成されてきたのか。本書では、新築住宅を購入するという選択が、様々な個別の法律や規範・慣習などに相互補完的に支えられてきたことを明らかにする。経済面だけでなく、政治の側面からの議論を深めることにより立体的にその「制度」に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information