中世を旅する人びと, Volume 3

Front Cover
筑摩書房, 2000 - 549 pages
旅に暮らす中世ヨーロッパではさまざまな階層の人々が街道を歩み去った。国王さえも旅に暮らした。当時の旅はどのようなものだったのか。旅する人々の生活を掘り起し、人と人との関係の変化を探る。書き下ろし論考「西欧中世における死生観と宇宙観の交錯」を連載。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information