資本主義の「終わりの始まり」: ギリシャ、イタリアで起きていること

Front Cover
新潮社, 2012 - Greece - 255 pages
EU金融危機の本質とは、単なる財政破綻問題ではなく、資本主義そのものが変容する前兆ではないか?我々の意識の底で、成長至上主義が終わろうとしているのではないか?ローマ駐在の新聞記者が、南欧の街頭で市民の話に耳を傾け、歴史や哲学、政治、経済などの碩学の知見も集め、資本主義の「次の形」を探求した刺激的論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information