十二世紀ルネサンス

Front Cover
講談社, 2006 - Civilization, Oriental - 307 pages
中世の真っ只中、閉ざされた一文化圏であったヨーロッパが、突如として「離陸」を開始する十二世紀。東方からシチリアへ、イベリア半島へ、ギリシア・アラビアの学術がもたらされる。ユークリッド、プトレマイオス、アル=フワーリズミーなどが次々とラテン訳され、飛躍的に充実する西欧の知的基盤。先進的アラビアとの遭遇が生んだ一大転換期を読む。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information