いま、息をしている言葉で。: 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話

Front Cover
而立書房, 2018 - 373 pages
古典はもはや読むに値しないのだろうか、いや、噛めば噛むほど味わい深く、そこには人がものを考えるためのエッセンスが凝縮されている。古典にこそ読書の醍醐味はある。そんな信念のもと、数多ある外国文学・思想を新訳し、文庫シリーズとして刊行する企画を立ち上げた。企画段階では「そんなの夢ですよ」と一蹴され、制作に入ると文学性とビジネスの板挟みに苦悶しながらも、訳者と肩を並べて翻訳を練りに練る。編集長を退いた後も販促イベントを積極的に企画し、市場の活性化をはかる...。道なきところに道を拓く、光文社古典新訳文庫・創刊編集長の奮戦記。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information