ファインマンさん最後の授業

Front Cover
メディアファクトリー, 2003 - 239 pages
当時の私は大きなプレッシャーの中にいた。自分にいったい何ができるのか?自分は本当は何がやりたいのか?私が赴任したカリフォルニア工科大学(カルテク)には、大勢の優秀な科学者がいた。その中にあの有名なファインマン先生はいた。私が会った先生は、二度目のガン手術の直後で、ひどく体力をなくしていた。それは、いたずら好きでユーモアいっぱいの「ファインマンさん」ではなく、ひとりの年老いた研究者だった。初めて先生と話をしたとき、私はこの偉大な科学者が、私の迷いに、ヒントを与えてくれると予感した。若手科学者と二度目のガン手術の直後で年老いたファインマン先生との最後の交流。科学や人生の素晴らしさを静かな交流の中に見つめる、珠玉のノンフィクション。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information