残虐記

Front Cover
新潮社, 2004 - Literary Criticism - 221 pages
1 Review
失踪した作家が残した原稿。そこには、二十五年前の少女誘拐・監禁事件の、自分が被害者であったという驚くべき事実が記してあった。最近出所した犯人からの手紙によって、自ら封印してきたその日々の記憶が、奔流のように溢れ出したのだ。誘拐犯と被害者だけが知る「真実」とは...。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Contents

Section 1
181
Section 2
223
Section 3
224
Copyright

1 other sections not shown

Common terms and phrases

Bibliographic information