所得税の理論と課題

Front Cover
金子宏
税務経理協会, 1999 - 358 pages
現行制度の基礎となっている「包括的所得税」に対するオルタナティブとして、「支出税=消費型所得税」と「分類所得税」とがあるが、21世紀が年を経るにしたがって、所得税制度がそのいずれかに転換するのか、それとも包括的所得税を基本的に維持してゆくことになるのか、最初の三つの論文はこの問題を検討したものである。次に、課税単位の問題は、所得税がどのような姿をとった場合にも、重要な問題である。21世紀においても、水平・垂直の両義における公平の維持が国家の果たすべき重要な役割であると考えるかぎり、この問題は依然として重要な問題であり続けるであろう。本巻では、その他、実体法上、手続法上の多くの問題をとりあげた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information