天皇と摂政・関白

Front Cover
講談社, Feb 14, 2011 - Emperors - 382 pages
幼帝清和の外祖父、藤原良房から摂関政治は始まった。菅原道真の失脚、醍醐・村上天皇の「延喜・天暦の治」、そして道長の栄華。政争の続く平安京内裏を舞台に天皇は「生身の権力者」から「制度」へと変貌していく。王権をめぐる姻戚関係を藤原氏が支配するなかで、天皇のみがなしえたこととは、いったい何かを追究する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information