教養としてのゲーテ入門: 「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで

Front Cover
新潮社, 2017 - 252 pages
ゲーテはなぜ「教養の代名詞」とされているのか?『ウェルテル』は単なる“妄想青年”に過ぎないのか。『親和力』はなぜ“私の一番の本”と評価されているのか。『ヴィルヘルム・マイスター』は何の“修業”をしているのか。『ファウスト』に登場する“ワルプルギスの夜”は何を意味しているのか。「近代の悪魔」の正体を誰よりも早く、的確に描いたゲーテ作品の“教養のツボ”がはっきり分かる完全ガイド。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information