イセキカラミタコダイノウマヤ

Front Cover
山川出版社, 2008 - Inscriptions, Japanese - 105 pages
日本古代律令国家は、全国に道路をはりめぐらし、約16キロごとに、早馬を乗り継ぐための施設―駅家を置いた。その数は、平安時代の法律書『延喜式』によれば、402。駅家の具体的な姿は、従来よくわからなかったが、近年発掘調査によって、山陽道の駅家を中心に、徐々にその実態が判明しつつある。本書では、それらの成果を紹介し、また、出土文字資料の検討を通して、駅家の機能に迫ってみたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information