カッコウの卵は誰のもの

Front Cover
光文社, 2010 - Japanese fiction - 357 pages
親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
2
4 stars
4
3 stars
7
2 stars
0
1 star
0

Review: カッコウの卵は誰のもの

User Review  - amadeo466 - Booklog

2010/3/6 2010/3/7 Read full review

Review: カッコウの卵は誰のもの

User Review  - jyosuiensei - Booklog

⑤/64 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information