気候変動と水災害

Front Cover
米谷恒春, 葛葉泰久, 岸井徳雄
信山社サイテック, 2002 - 256 pages
近年、世界的に異常気象に伴う自然災害が各地で発生している。その大きな要因のひとつに、地球温暖化に伴う気候変動が指摘され、その自然災害の中でも水災害は甚大な被害をもたらす大きな脅威となっている。本書では、この気候変動がどのように大気・海洋気象に影響して水災害をもたらすか、そのメカニズムを探ると共に、防災についても過去の実例から検証した。防災科学研究所の十年にも及ぶ気候変動と水災害研究の成果をまとめた初の成書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information